風がとおる奥庭


路地の一番奥に建つお家の駐車場とお庭造りです。

 

玄関周りにお車二台分の駐車場をつくり、残りの土地もコンクリートか人工芝にというプランでしたが、風も通り日当たりも良い土地でしたので、植栽をおすすめしました。

植栽をすると日々の手入れが大変なのではというご心配もありましたが、もともと植物好きのご家族でしたので、育てやすい丈夫な植物を選び奥庭をつくるというプランなりました。

 

まずは現地調査です。土の固さや水はけの良さ、日の当たる場所を調べます。次にお客様の生活プランを聞きながら駐車場の位置、玄関アプローチ、ポストの設置場所、裏庭からリビングまでのルートなどを決めていきます。

プランをもとにエクステリアが完成しました。玄関ドアに合わせて作ったエクステリアウォールは船の素材でも使われる水に強い木材です。グリーンのポストが良いアクセントに。アプローチには外壁のブラックに合うグレー系の石を使用しました。

いよいよ植栽です。ベースとなる山砂を敷き詰め、大きな植物からレイアウトを決めていきます。ここではシンボルツリーにミモザの木を選びました。

次に中くらいの植物をバランスよく置いていきます。ここで大切なのが、高低差と奥行き感を出しながらレイアウトしていくことです。単調ではなく思わず覗きこみたくなるようなお庭造りを目指します。またその後の成長の仕方も考えながら間隔をとって植えていきます。

 

完成です!!玄関周りは人が通りやすいようオリーブとウエストリンギアですっきりと。奥庭は子供たちが遊べるフリースペースを残しながら様々な植物で四季の変化を楽しめる庭をつくりました。

一年後、大切に育ててくださるお客様のお陰で、どの植物も健康に大きく成長していました。春にはシンボルツリーのミモザの木に黄色の可愛い花が咲き、楽しんでいただけたようです。裏庭にご主人の作る野菜畑も出来ていました。