· 

夫婦二人で住む平屋

施工例にも載せてあるお宅ですが、本当は完成見学会をさせていただく予定でした。

しかし完成したのが2020年4月中旬。コロナウイルスによる外出自粛があったため、やむなく中止となりました。

今回は、施工例では紹介しきれていない詳細について説明させていただきます。


 

 

まずは、お客様をお迎えする玄関。

オリジナリティーを演出するために、既製品をそのまま使うことはしていません。

 

床は玄関タイルを使わず、大小の天然石を組み合わせて使っています。

天然石の自然な色と質感が無垢フローリングととても相性が良いです。

 

下駄箱は既製品の松の無垢建具を利用し、建具サイズに合わせて収納部とカウンターを

パイン材で大工さんに作ってもらいました。

 

照明器具はペンダントライトを3個組み合わせ、4個の小窓もわざと高さを変えて

オリジナリティーを出しています。

 

バランスをとるのが難しいのですが、少しの工夫で、雰囲気をガラッと変えることが出来ます。

 

キッチンはTOTOのザ・クラッソを採用。LDKのパイン材基調の雰囲気を崩さないように、背面収納は敢えて同じTOTOのものは利用せず、

玄関収納と同じく大工さんの手造り。これによって、統一感がでて暖かみのあるLDKとなっています。

お料理好きな奥様はカラフルなル・クルーゼの食器が好きで集めているそうです。一部見せる収納にすることで大好きなキッチン用品や食器を

レイアウトして実用的でオシャレな空間にもなります。また、この棚の下にはダストボックスを収納できるようにもなっています。

見せるものとしまうものを上手く分けることで、楽しく、使いやすいキッチンになりました。

 

キッチンパネルは清掃面で非常に優れていますが、今回はデザイン優先でリクシルのタイルを採用。

このタイルは一枚一枚色や柄が異なり、お気に入りの雰囲気に近づけるために何度も仮並べをして配列を考えています。

その甲斐もあり、全体の雰囲気を壊さず、非常にいいアクセントとなっています。

トイレは、落ち着いた色のナラのフローリング材を壁に張っています。合わせて選んだペーパーホルダーもいい感じで馴染んでいます。

 

 

洗面所はシンプルな形の洗面台にリクシルのガラスモザイクタイルを合わせています。

床は竹のフローリングを使用しています。

このグレーのボード。吉野石膏のタイガーFeボードという石膏ボードなのですが、

この上から通常通りクロスを張ると磁石が付くクロスの壁が出来上がります。メモや写真などをマグネットで張り付けることができ、

画鋲でクロスに穴をあけたり、コルクボードを用意する必要なくペタペタといろいろなものを貼り付けられ、とても便利です。

 

 


今回は、ホームページ上で紹介させていただきましたが、お客様のご厚意により、前もって予約することで中を見せていただくことも可能です。

ご興味のある方は、是非ご連絡ください。